人間はどこまで非情になれるのか。ただの生きた肉と化したヒト。それらに情けなど掛ける必要はない。どんなに泣きつこうが、悲鳴をあげようが、その声は神には届かない。生きたまま焼かれる体。その焼き鏝に当てられた肌が焼き爛れる臭いだけが、それをヒトなのだと認識される。本作品には暴力シーンやグロテスクな表現が含まれています。人によっては精神的苦痛や強烈な不快感を催す恐れがあります。ご利用にあたっては十分ご注意ください。

もっと見る
スポンサーサイト
[PR]