叔母さんが僕の身体に前から興味を持っている事を、僕は知っている。叔父さんが仕事で留守なのをいいことに頻繁に僕を家に招き入れる。僕は知らんぷりして欲情している叔母さんのなすがままに…身体は正直で、僕もだんだん高まり叔母さんのアソコに舌を這わせると、もうグチョ濡れで完熟した匂いがした。「甥っ子のくせになんてチンポ持ってるの」と言いながら嬉しそうに叔母さんは股間に顔を埋める…

もっと見る
スポンサーサイト
[PR]